じょ~ねっと!!!

Amazonで買ったトランポリンを佐川急便で返品・交換した話

time 2017/03/15

Amazonで買ったトランポリンを佐川急便で返品・交換した話

おい!!!

まじかよ!!!!

穴に入らん!!!!

※卑猥な話ではありません。
※SS4ゴジータはここから先、一度たりとも登場しません。

 

今から卑猥と真逆のベクトルにある話を繰り広げますが、先日Amazonでトランポリン買ったんですよ。

そしたらなんとですね、不良品が届きました。

ということで返品と交換をする羽目になりましたです!

別にアクロバットな体位を試したいからトランポリン買ったとかじゃないですからね。

なんだろう!この否定するほど謎の信憑性を帯びていくというジレンマは!w

まぁ茶番はいいとして・・・

 

この記事で学べることはこんなとこです。

  • 僕がトランポリンを買った理由
  • Amazonの返品方法
  • 返品用ラベルを印刷できないときの対処法
  • 集荷サービスは日本郵便と佐川急便のどちらを利用すべきか
  • 佐川急便の集荷手続き方法

 

トランポリンを買った経緯

それにしても何でトランポリン買ったねん!というのがみなさまの声でしょう。

ちなみに1万円したんですよ、これ。

まぁ購入動機を聞いたところであなたにとっては1mmもご利益がないことかもしれませんが、話します。

 

というのもここ3ヵ月ほど運動もせず菓子ばっか食うような怠惰な生活を送ってたんですよ。

ちーなみに記事を書いている現在の僕のスペックは高校卒業したての18歳です。

 

で、まぁこの上なく自堕落な生活を送ってたら僕の本能が「そのうちくたばるよ?お前、体の丈夫さ過信してね?メンテナンスしない車とか廃車じゃね?」とかをさも他人事のように訴えかけてきたので「こりゃまずい!」と思って、運動や食生活を徐々に正していこうとしたわけです。

 

そこで僕のビジネスの知り合いに健康マニアの梅田さんという方がおられるのですが、その方がトランポリンをめちゃくちゃオススメしていたのでとりあえず買ってみるかとなったわけです。

梅田さんの書いた記事:NASAも認めた!トランポリン運動による13の効果まとめ

 

僕もいってまだ18歳なので、そんなの気にしなくって大丈夫だよっていう方もおられると思いますが、健康なのも病気になるもの日々の積み重ねですしね!

 

光の速さでAmazonにトランポリンを返品した話

で、本題なんですが、タイトルの通り返品しました。

今回は返品方法を備忘録として記事にしておきます。

 

返品理由ですが、本来あるはずの溝が無かったからです。

このトランポリンは脚をネジのように回して取り付ける方式で、届いてから脚をクルクルして取り付けてたんですね。

そして最後の一本「これつけて、早く飛ぶぞ!」と思ってボルテージが最高潮に達したらへんで回しても回しても穴に入らなくて、おかしいなと思ってよく見たら脚の方にネジの溝が彫られてないことに気づきました。

 

もう感情ジェットコースターですよ、ほんとに。

「おっしゃああぁぁぁあああ!!!!!!!!

飛ぶぞおおぉぉぉぉぉぉおおおおお!!!!!

(クルクル×3)

あれ?

(脚を見る)

・・・・・・・・・・・・」

この一連の流れにかかった時間、わずか5秒。

興奮値をY軸、時間をX軸とした場合の時間経過による興奮値の減少曲線をグラフで表したら傾きはディズニーランドのスプラッシュマウンテンの落下角度を軽く超えました。

なんだろう、この絶望的に楽しくないアトラクションは。

 

 

もう富士山の山頂で

「っぱい!!!!」

と、叫びたい。

 

ただただ「っぱい」って言いたかっただけ。

 

が、そういったミスもたまにはあるでしょう。

それがたまたま僕に当たったというだけで。

小さなことにはいちいち目くじらを立てず、流れるように返品していこうと思います。

 

ってことで今からは実際に返品方法を書いていきます!

 

その前に忘れてましたが、返品・交換の条件や返金についてさらっと見ておきましょうか。

Amazonでの返品条件や返金に関するあれこれ

まずは返品・交換についてです。

返品・交換できるものかどうかの確認

返品作業の前にそもそも商品が返品できるものかどうかを見なければなりません。

どんな理由でも返品・交換できないもの

  • 受注生産品、刻字を入れたもの、
  • デジタル商品(音楽、課金、Amazonビデオ)
  • 金庫
  • etc…

お客様(自分)都合で返品・交換できないもの

  • 使用済みまたは開封済みの消耗品
  • 雑誌
  • プリペイドカード
  • 食品関連
  • 生き物
  • etc…

ちなみにお客様都合とは「想像と違う!」「サイズきつくね?」「商品間違えた」とかいう少なからず自分にも返品の原因があるときを指します。

それとetcで残りを省きましたが、他にもたくさん項目があるのでご自身で公式サイトへアクセスして確認いただければと思います。

Amazon公式:返品・交換不可の商品

返品の際に確認すること

さて、返品・交換不可に該当しなかった方おめでとうございます!

んん?おめでとうございます?

ってなんか変。気にしない勇気。

で、次に確認していただきたいのは以下の部分です。

  • 商品到着から30日以内かどうか。
  • 発送はAmazon.co.jp?それとも出品者?
  • 返品の理由はお客様(自分の)都合?業者のトラブルや不具合?

まず30日以内かどうかという点についてですが、Amazonでは到着後30日以降の返品だと返金額が20%減ります。

なので「後でもいいや~」とほったらかさずに早めに対応しましょう。

それと商品別で細かく返品の基準がありますので、まずは公式にアクセスして該当する部分を読むことをオススメします。

公式:返品・交換の条件

 

これら踏まえたうえで各自、表を見て指定した番号の部分を読み進めてください。

発送元Amazon.co.jp出品者(Amazon.co.jp以外)
返品理由お客様都合業者の不備、トラブルお客様都合業者の不備、トラブル
①へ②へ③へ

販売元、発送元の確認方法は画像の部分で分かります。

 

①発送がAmazon.co.jpからでお客様都合で返品の場合

  • 商品が未開封、未使用の場合は全額戻ってきます。
  • もし商品を開けちゃってたら半額しか戻ってきません。
  • お客様都合の場合は送料、手数料は返金されません。
  • 返送料は自分の負担になります。

開封済みかどうかの基準はAmazon公式サイトに書いてあったのでそちらを見てください。

詳しくは公式で:返品・交換の条件

 

②発送がAmazon.co.jpからで業者の不備、トラブルの場合

  • 商品代金は全額返ってきます。
  • 送料、手数料などかかったお金は全て戻ってきます。
  • 着払いで返送できます。

ちなみに僕の今回の返品理由はネジ穴の溝が無かったということで完全に相手が原因なので②に該当します。

 

③出品者から商品が発送されてきた場合

  • 返品はAmazonではなく出品者に直接送る
  • 出品者のプロフィールから「返品および返金について」を読む
  • なんか分からんことがあったら直で問い合わせる

ここに関しましては出品者によって条件が異なるので、何とも言えません。

③に当てはまる人の返品方法は公式に具体的にまとめてあったのでそれを参照してください!

Amazon公式:Amazonマーケットプレイス商品の返品について

 

返金について

返金を選択されたのであれば返品の確認が済み次第、Amazonが返金してくれます。

返金が完了したらメールが来るので期間中はチェックを怠らないようにしましょうね!

それにしてもお金が増えてるようで嬉しいw

 

で、返金は自分が使った支払い方法のところへ戻ります。

クレカならクレカに、ギフト券ならAmazonギフトの残高に。

ただ、例外もあってATMなどを使った場合はAmazonギフト券や銀行振り込みで返金されますのでご注意を。

詳しくは公式の返金についてにアクセス!!!

Amazon公式:返金について

 

あと出品者からの返金の場合は返送されて7日以内に返金されるようです。

まぁ無いとは思いますが、万が一出品者がばっくれたりして返金されないような時はまずAmazonのカスタマーサービスに連絡してみてください。

 

交換について

続いては交換について触れておきます。

特に交換も返品手順を踏んでたら項目が出てくるので交換方法が分からないなんてことは無いと思います。

ただ交換はAmazon.co.jpが「販売」しているものだけです。

要するにAmazonマーケットプレイスの出品者が販売してるものは交換ができません。

詳しくは下記のページで。

公式:交換について
別商品と交換する

 

いざ、トランポリンの返品作業に参る!!!

ここからは僕が返品方法をざっくりと解説していきます。

※細かいことはあんまり書いてないから困ったら自分で調べてね!

STEP.1 返品したい商品の注意事項を確認する

まずは自分が返品したい商品に関しての情報やその他気になる点をAmazon公式でチェックしましょう。

例えば返品できるかどうかや返金についての疑問です。

もしどうしても分からない!ってなったらカスタマーサービスに問い合わせてみましょう。

知恵袋とかでもいいですけど、こっちの方が確実なので。

公式:返品・交換

カスタマーサービスに連絡

STEP.2 注文履歴から返品したい商品をクリックorタップ

返品ガイドラインを読んで何ともなかった方は返品作業に移っていきましょう。

やり方は簡単です。

  1. 注文履歴をクリックorタップ
  2. 返品したい商品のところにある「商品の返品・交換」を押す
  3. 指示される通りに進める

ちなみに下はスマホの返品画面への移行方法ですが、PCもほぼ同じです。

もし分からなければネットにたくさんあるので、ご自身で調べていただければと思います!

STEP.3 返品専用のラベルを印刷

印刷機がある場合

Amazonで返品手続きをすればラベルの印刷を求められるので、ちゃちゃっとプリントアウトしちゃいましょう!

宛名、送り先の住所、バーコードの記載されたところは切り取ってダンボールに貼り付けます。

 

印刷環境が無い場合

今はスマホ時代なのでプリンター持ってないよ~って人も多いかと思います。

そんな方もなな!!!なんと!!!!必要な情報を記載すれば返品できます!!!

神zonですね。まじで。

で、必要な情報ってのはこの中から1つだけで大丈夫です。

  1. 返品受付IDと返品理由を記載した紙
  2. 商品かダンボールに貼られている「sp」から始まるバーコード
  3. 届いたときにダンボールに貼られていた問い合わせ伝票番号やバーコードが書かれたラベル
  4. 一部商品にだけついてくる納品書に返品受付IDと返品理由を書いて送る

1、まず1つに返品受付IDと返品理由自分で紙に書いてダンボールに入れるって方法があります。

返品受付IDってなんやってことですが、それは印刷してねって言われたラベルのバーコード付近に書いてあるIDです。

忘れず返品理由も書きましょう。

それを紙に書いてダンボールにぶち込むのが1つ目です。

 

2、商品が家に届いたときに貼ってあった「sp」から始まるバーコードです。

剥がしやすくて有名なやつです。

ダンボールに「sp」から始まるラベルが貼られているのなら、特に何もする必要はありません。

そのまま商品を元に近い状態に戻して返送しましょう。

商品自体にこれが貼られていた場合は剥がしてダンボールまたは梱包材に入れましょう。

 

3、届いたときダンボールや梱包材に貼られている紙です。

これを剥がしてですね、商品と一緒に同梱して送りましょう!

 

枠の部分は独立して剥がれるのではさみやカッターで切る必要はないです。

 

4、納品書がついてきたのであれば備考欄というのがあると思います。

そこに返品受付IDと理由を書きます。

1つ目に紹介した方法の紙が納品書に変わっただけですね。

 

ちなみに動画で解説しておられる方がいましたので、そちらもぜひ参考になさってください!

動画の方は送り先も書いてダンボールに貼ってますね。

 

例外(返品用ラベルに送り先の住所等が印刷されなかった場合)

今回の僕がそうなのですが、印刷機はあるものの印刷しろと指示されたラベルに送り先の住所が無かったんです。

まぁ見てもらったら分かると思いますが、普通はAmazonの返品係などの宛名と住所、バーコードが書かれたものが印刷されるはずなんです。

ですが、なぜか僕の住所が表示されてました。

意味が分からナイツ。

交換品はもう届いてるし送り先は僕の家ってことで要するにトランポリン2個もらっていいってこと?

ね?Amazonさん?もらうからね?

とは微塵も思ってなく、ネットで調べても情報が無かったので、カスタマーサービスにチャットを介して聞いてみました!

チャットを送信してから5分もしないうちに返信が返ってきました。

すげ!やっぱ神zonだ!

今回は集荷サービスを使う予定だったので、そう伝えるとメモ用紙に注文番号と返品理由を記載したものを入れるだけで良いと教えていただきました。

 

安田さんありがとう!!

てなわけで、印刷用紙を一枚無駄にしました。

 

それにしてもこれはバグなのか、なんだったのか真相はちょっと分かりませんが、同じ現象が起きたって方はぜひ参考にしてみてください!

 

STEP.4 梱包

梱包はなるべく元あった状態に戻しましょう。

なるべくダンボールも送られてきたときの物を使用するのが好ましいです。

ただ、もう梱包材やダンボール捨てちゃった~って人は他のダンボール等で代用しても大丈夫です。

 

あとラベルなどの同梱し忘れにはよく注意してください!

そうしないとAmazonさんが受け取ってくれないので。

 

STEP.5 返送!

準備ができましたら、返送をしましょう。

先ほど少しだけ触れましたが、日本からの返送はわざわざコンビニに行ったりしなくても、日本郵便株式会社や佐川急便の集荷サービスを利用できます。

ちなみに返品理由が自分都合の場合は「元払い」です。

こちらに非がない業者の不備やトラブルにつきましては「着払い」です。

 

それと集荷サービスを利用する際、安田さんも言っておられましたが、ラベルは郵便の方が持参してくれるので自分で用意する必要はありません。

 

集荷サービスは日本郵便と佐川急便のどちらを利用すべきか

あと1つ注意点があります。

ここを見ておかないと僕のように二度手間になってしまうので。

 

まぁ結論からいいます。

  • 荷物の3辺の長さの合計が170cm以下なら日本郵便のゆうパックでの集荷
  • 3辺の合計が170cm以上の場合は佐川急便で集荷

 

つまり170㎝をさかいに利用できる集荷サービスが異なるってことです。

Amazonで普通に返品手続きをしていたら集荷は日本郵便のゆうパックの画面に行きつくと思います。

下にURL貼ってあるのでまだアクセスしてない方は見てみて下さい。

 

日本郵便株式会社集荷サービスの依頼画面

 

元払いと着払いがあるので間違えないようにお願いします!

インターネット受付 (元払いの場合)
https://mgr.post.japanpost.jp/link/spcAgrLogin.do?SITE_ID=2098

インターネット受付 (着払いの場合)
https://mgr.post.japanpost.jp/link/spcAgrLogin.do?SITE_ID=2099

 

依頼画面では住所や氏名など必要な事項を入力しますが、最後らへんに荷物の大きさを指定する部分があるのが分かるでしょうか。

荷物の大きさが80cm以上かそれ以下かというところです。

僕の返品したかったトランポリンは3辺の合計が2mを超えていたので、この80cm以上を選択して集荷依頼をしました。

すると次の日の朝に郵便のおっちゃんが来てくれたのですが、驚愕の事実を知らされました。

「荷物大きいな。。。170cm以上はこっちでは扱えないんだわ、ちょっと電話して聞いてみるね」

と。

いや、書いてなかったじゃん!上限なんて!!!

それ初耳だよ!!!

 

電話でのやりとりがあり優しいおっちゃんはなんだかんだ持っていってくれたのですが、2時間後くらいに郵便局から電話がありまして、やっぱりこちらでは扱えないと。

その後荷物も家に配達されて再び我が家に蘇りました。

そしてAmazonさんにどうすれば良いか聞いてみてと言われたので、再度カスタマーサービスのチャットを利用。

 

次はみなさん大好き安田さんでなく新顔の松田さんでした。

で、松田さんは

「ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。佐川急便市川事務局(0120-611-977/9:00-21:00)にお電話をかけていただき、集荷日時のご相談をしていただきたく存じます。」

と多分土下座をしながらこのように返信してくれました。

 

そこまでしなくてもいいよ!と思ったので、僕は一応土下寝しながらチャットで

「そうですか。電話してみます」

って返しておきました。

 

ふぅw

 

で、早速教えて頂いた佐川急便の番号に電話してみました。

 

プルルルルルル~

 

電話で事情を説明するとまず聞かれたことは配達した商品に貼ってあったラベルに書いてある「お問い合わせ番号」です。

下の画像でいうと「お問い合わせNo」がそれに当たりますね。

画像使いまわしてごめんなさいw

 

電話をかける際は手間を省くためにこの番号を控えておきましょう。

これを伝えると次は住所と氏名が間違ってないか聞かれます。

僕の住んでる所は住所の読み方が特殊なので、女性の読みあげる住所の読み方は見事に間違っていましたが、漢字表記に直すとあっていたので指摘せずそのまま「ハイ、あってます」と答えました。

 

確か次は時間の都合はどうかを聞かれたと思います。

ちょっとここは記憶が曖昧です!すいません!

 

で、最後に不明な点などはないかと聞かれたので「伝票ないんで持ってきてください」と伝えて電話は終了しました。

 

まとめますと3辺の大きさが170cm以上だと佐川急便で集荷依頼をします。

ウェブ上からの依頼はできないので直接電話することになります。

番号は「0120-611-977」です。

聞かれることは下の4つ。

  • お問い合わせ番号(お問い合わせNo)
  • 住所、氏名の間違いはないか
  • 時間の都合(もし都合があるのに聞かれなかった場合は自分で言いましょう)
  • 不明な点、質問はないか

 

それ以外の方は日本郵便の集荷サービスを利用しましょう。

まとめ

返品しないといけないと分かったときは面倒くさいゲージマックスでしたが、記事のネタにもなったし、備忘録も作れたのでまぁ良かったかなと。

交換もめちゃくちゃ早くて頼んだら一日で届きました。

やっぱり神zon(3回目

 

なにかと公式頼りな記事でしたが、参考になったでしょうか。。。

記事のことで不明な点があればコメントで言っていただければと思います!

down

コメントする




Amazon

ネットビジネス

ライティング

サイト管理人

jotaro

jotaro

僕は高校生にしてネットビジネスに取り組み月収10万円以上を稼げるようになりました。最高は一日で45万PV、日給8万円です。連絡や質問も気軽に送ってきてください! [詳しくはコチラ!]